自転車日本縦断 広い日本そんなにゆっくりどこへ行く。

Route-4 近畿・北陸③

HOME > Route-4 近畿・北陸 > 1981年8月8日

1981年8月8日(土)
-雨のちくもり-

雨が降っている。いやだ。
いやだと言っても、ここに連泊するわけにもいかないので(こんな幽霊の館、誰が連泊なんかするか!)、しかたなくカッパを着て走り出した。30キロほど海岸沿いの道を走る。予想通りしんどい道だった。朝食もとらずに走り出したため(まるで逃げるように)、空腹で倒れそうだ。

海岸沿いの道のあとは、登り坂。力が入らない。午前10時30分、大衆食堂発見! ここまで店がなかったので、オアシスにたどり着いたような気分だ。メニューを見て、何も考えず900円もするトンカツ定食を注文してしまった。空腹には勝てない。

福井県地図

鯖江市。相変わらず雨は強く降り続く。単調にペダルを回し続けているうちに、現在位置がわからなくなってしまった。止まって地図を見たいのだが、雨の日はたかが地図を見るだけの作業も大仕事。バッグにはビニールを掛けてあるので、まずこれをめくる。そしてバッグのファスナーを開け、地図を取り出す。このとき、命の次に大事なカメラを濡らさないように気をつける。カメラは念のためにタオルにくるんであるが、細心の注意を払う。そのまま見ると地図が雨に濡れるので、屋根のあるところで見る。といっても、この付近には屋根のあるところがないので、仕方なく電話ボックスの中に入って見ることにした。現在位置を探したが、よくわからない。
「ま、いいか。とりあえず走ってみよう」
しかしもし間違っていたら、この雨の中、今来た道を引き返すのはつらいなあ。と思いつつ、再びハンドルを握った。結果的にはその道で正解だった。

いつの間にか、福井市も通り過ぎていた。福井市は、4年前に原付バイクで一度来たことがあるが、その懐かしの福井の市街は通らなかった。国道8号線は、市街中心地を避けて通り、いつものように迷うことはなかった。

雨も上がったことだし、太陽が雲に隠れている間に、充分距離を稼いでおこうと、追い風に乗ってギヤをトップに放り込み、まるで、今まで苦しめられていたことに対する報復と言わんばかりにペダルを踏みまくった。

交通事故寸前。

機嫌よく飛ばしていると、小さな交差点の直前で、トラックが僕を追い抜きざまに左折しようとした。僕は結構なスピードで走っていたので、すぐには止まれない。
『あぶない!!』
っと心の中で叫びながら、とっさに左の道にヨロヨロっと左折した格好になった。おかげでちょっとトラックとは接触したが、転倒もせずにケガもなくすんだ。
トラックの助手席に座っていたオッサンが、窓から顔を出し、
「だいじょうぶか?」
と言っただけで、降りてくる様子もないので、睨みつけてやったら、そのまま走り去った。
コンノヤロォ~~~~!!
追いかけて文句の一言も言ってやろうと思ったが、こっちの道は全然自分が行こうとしている道と違うし、せっかく距離が稼げるチャンスの日に、こんなところで無駄な時間を食ってはもったいないので、いやなことはすぐに忘れることにして、先を急いだ。(といっても、あれから何十年も経って未だにここでこんなことを書いてるんだから、全然忘れてないよな~)

石川県地図

きょうの予定としていた金沢へは、午後4時に着いてしまった。駅前でビジネスホテルを探したが、高そうな豪華ホテルばかりである。こんなところへ入っていくと、また「全館満室攻撃!」にやられるに違いない。京都の二の舞いはゴメンだ! 少し外れたらあるかもしれない、と走り出した。しかし、探しているうちにだんだん田舎になってきて、もうビジネスホテルなんかありそうにない。熊本の時と同じパターンだ。あるのは、やはりエッチホテルだけである。え~~い!こうなったらヤケクソだ~。暗くなるまで走ってやる~!(なんか、いつもこのパターンのような気がするが…)

午後7時30分、高岡市に着いた時はもう真っ暗になっていた。また駅前をウロウロして、やっとビジネス旅館を見つけた。結局きょうは1日で200キロも走ったのだが、天気が悪くて気温が低かったこと、追い風だったことなどにより、そうたいした疲労感はない。それよりも腹がへった。不規則な毎日が続いているので、いつか倒れてしまうかもしれない。出発前は、健康管理も考えに入れてのペース配分を、綿密に計画したつもりだったが、九州以来、計画は全て変更、まったくの無計画同然の毎日となり、いきあたりばったり。朝起きたら走り出し、日が暮れると宿を探す。はたしてこんな生活をいつまで続けることができるやら…。

本日の走行距離: 200km
累計の走行距離: 1,106km
累計走行距離インジケータ

沖縄
(スタート)

東京
(中間点)

宗谷岬
(ゴール)
現在地
本日の出費 合計5,500円
缶コーヒー 100円
トンカツ定食 900円
缶コーヒー 100円
ジュース 100円
ジュース 100円
めし 500円
缶コーヒー 100円
ビジネス旅館 3,500円
テレビ 100円

※金額は1981年当時の実際の金額です。

  • ←前ページ
  • HOME/目次
  • 次ページ→
目次

自分史、自費出版、体験記のWeb版は、株式会社ピクセル工房

▲PAGETOP▲