3DCGとPhotoshop講座およびギャラリーなどの、画像関連Webサイト

フォトショップ講座

目次

はじめに

みなさんPhotoshopというアプリケーションをご存知ですか? そうです。米アドビシステムズという会社が作った、フォトレタッチソフトの頂点(かどうかは知りませんが)級?のソフトですね。プロの方はほとんど例外なく使ってますし、プロじゃない方でも持っているあるいは駆使しているという方も珍しくないでしょう。

このソフトは、そういうプロあるいはアマチュアの方のシビアなニーズに応えるべく、大変高機能なフォトレタッチソフトとなっています。そのため、いわゆるシロートさんには、「なんじゃこりゃ?わけわからん!」と、敬遠されがちでもあります。一般個人にはハードルが高いですよね。(値段も高いですが)

そこで、実際にソフトは持ってるんだけど、「使い方がよくわからない」とか、「あんな分厚いマニュアル読めるかっ!」とお嘆きの方に、タダでプチ講座を開設したいと思います(笑)。

そもそも、プロだってその機能の半分も使ってません。プロといっても、いろんなプロがいます。印刷所でレタッチをしている人もプロですし、デジタル写真家もプロです。グラフィックデザイナーもいれば、Webデザイナーもいます。Photoshopを使って絵を描く画家もいます。用途が違うのですからPhotoshopのどの機能を使うかは人によってまちまちです。

ここでは、初級者のかたがよく使うであろうと思われる部分、そして、意味を把握しづらい部分を重点的に解説いたします。Photoshopで画像処理の基本的な考え方をマスターすれば、他の画像処理ソフトにも応用が効きます。

さあ、みなさんも肩の力を抜いて、「なあんだ、Photoshopって、意外と簡単なんだな」と笑い飛ばしましょう。

※このサイトでは、Windows版 Photoshop CS3 を使っています。Macintoshでも基本的に操作方法は同じです。ショートカットキーを使用する際には、

Windows Macintosh
Ctrlキー Commandキー
Altキー Optionキー

と置き換えてください。


前ページ 目次 次ページ

HOME >
フォトショップ講座

 

目次に戻る