3DCGとPhotoshop講座およびギャラリーなどの、画像関連Webサイト

フォトショップ講座

デジカメ画像をブログにアップしたい

(※説明画像はクリックで拡大します)

3. トリミング

画像の、必要な一部分だけを切り取ることをトリミングといいます。
ここでは、デジカメで撮影した画像をトリミングする方法をご説明します。

開く... 【1】Photoshopを起動してください。
【2】起動したら、まず左の図のように、メニューの「ファイル」から「開く...」を選びますと、「開く」ダイアログボックスが画面に出ます。
【3】画像を保存したフォルダを開き、編集したいファイルを選びます。

ウインドウ 【4】ファイルが開きました。
ここまでは、前ページの「全体縮小〜保存」の項と同じです。
ウインドウの左上には表示倍率が表示されています。
注意!
前ページで縮小しWeb用に保存した画像を開かないでください。一度縮小したり加工した画像を、さらに拡大縮小したり、編集を行うと、画質が著しく低下します。必ず元ファイルを開けてください。

切り抜きツール 【5】今回は、画像の一部分を切り取ってみましょう。
デジカメで撮影した時点では、フレーミングもばっちりと思ってシャッターを切っているつもりでも、あとで画像を見てみると、不要なものが写っていたり、被写体が思ったよりも小さく写っていたりするものです。
ツールボックスの上から3つ目の左に、「切り抜きツール」がありますので、これを選択してください。

切り抜く幅を設定

【6】前回と同じく、横幅を400ピクセルにしたいと思います。
切り抜きツールを選択したときに出るPhotoshopウインドウ上部のオプションバーに、「幅400px」を入力します。
高さは、成り行きとする場合は空欄で結構です。また、解像度もWeb用の場合は空欄で問題ありません。
もし、幅も高さも指定したい場合は、幅と高さの欄にそれぞれ任意の値を入力してください。単位はWeb用の場合「px」です。
高さを指定して、幅を成り行きにすることもできます。


切り抜き 【7】任意の地点から対角に向かってマウスをドラッグします。
一旦適当な所でマウスボタンを離しても、あとから枠の四隅または枠の一辺をつまんで動かせば、枠を広げたり狭めたりすることができます。
(幅と高さのピクセル数を指定した場合は、縦横比を保持しながら枠を広げたり狭めたりすることができます)
切り取る範囲が解りやすいように、外側が暗く表示されていますが、Photoshopウインドウ上部のオプションバーで、シールドカラーや濃度を変更したり、不使用にしたりすることができます。

完了

【8】切り抜きたい範囲が決まったら、枠の中でダブルクリックするか、Enterキーを押すか、上部オプションバーの右の「○」をクリックすると、切抜きが実行されます。(切抜きを実行する前に途中でキャンセルしたい場合は、Escキーを押すか、上部オプションバーの右の「×」をクリックします)
【9】これでよければ保存をします。上書き保存はしないでください。
「Webおよびデバイス用に保存...」の方法については、前ページの【10】以降を参照してください。


クリア

注意!
上の要領でトリミングを行った場合、Photoshopウインドウの上部のオプションバーに幅400pxが残ったままになります。このまま次回、別の画像の編集時に切抜きツールを使用すると、意図せず幅400ピクセルにリサイズされてしまいますので、作業が終了したあとに必ず「クリア」ボタンを押す習慣をつけておきましょう。(もしくは、切り抜きツールを使用するときにはオプションバーを確認する習慣をつけておきましょう)

 

●デジカメで撮影した大きな画像をトリミングしてブログ用に縮小する方法をご説明いたしました。


前ページ 目次 次ページ

HOME >
フォトショップ講座 >
デジカメ画像をブログにアップしたい
3. トリミング

 

目次に戻る