3DCGとPhotoshop講座およびギャラリーなどの、画像関連Webサイト

フォトショップ講座

目的別に考える

みなさん、Photoshopを使って何をしますか?
というより、そもそもPhotoshopで何ができるの?という話になりますが、一応は「画像編集ソフト」ということになっておりますので、なんらかの画像を大きくしたり小さくしたり、色の修正をしたり、フィルターなどを使って加工してみたり・・・。などなど、いろんなことができるわけなんですが、
なんのためにするか
という、「目的」が非常に大事だったりします。

  1. デジカメで撮影した画像をブログにアップしたい。
  2. デジカメで撮影した画像をプリンターを使って印刷したい。
  3. フィルムカメラで撮影したプリントをスキャナで読み込んでブログにアップしたい。
  4. 年賀状などの原稿として画像を加工したり文字を入れたい。
  5. 自分のホームページの素材作りをしたい。
  6. チラシや冊子など多量に印刷するものの原稿として、その中に挿入する写真を加工したい。
  7. カメラマンなので、自分の撮影した写真を修正したい。
  8. 3DCGソフトなど他のソフトで使用するテクスチャを作成したい。
  9. パソコンで絵を描きたい。
  10. 合成技術を駆使して、UFO写真や心霊写真を捏造したい。

・・・とまあ、いろいろ目的はあるでしょう。
一般的には、1番〜4番ぐらいまでが多いでしょうね。
5番も、ご自分でホームページを作っている方は必要かもしれません。
6番は普通、印刷所の製版担当者がする仕事ですし、7番はプロかハイアマチュアですし、8番もかなり特殊ですのでそれぞれ専門的な知識が必要になりますから、このサイトに書いてあるようなレベルではとても追いつきません。
9番は滅多にいないでしょう。Photoshopでも絵は描けますが、絵を描くのが目的なら他にもっとふさわしいソフトがありますので、そちらを使ったほうがいいと思います。
10番は・・・・・・・・・・・・・・また機会があれば、このサイトで方法をご紹介することもあるかも?

では、早速1番の、「デジカメで撮影した画像をブログにアップしたい」から始めたいと思います。


前ページ 目次 次ページ

HOME >
フォトショップ講座 >
目的別に考える

 

目次に戻る